福ハ内、鬼モ内。

2018.02.03(Sat)

『◆ しつらえ・フィギア』 Comment(0)Trackback-
今日は節分。
節分とは本来、「季節を分ける」という意味があり、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に、1年に4回ありました。その中でも、立春は1年のはじまりである新年と考えられ、その前日大晦日にあたると考えられてきました。平安時代の宮中では、大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われ、室町時代以降になって豆をまいて厄や災難(=鬼)を追い出すことは、無病息災につながると信じられ、庶民も行う行事として定着していきました。
DSC00299.jpg



月刊フローリスト2月号に掲載して頂いた節分のビュッフェテーブルコーディネート。折形の鬼がたーーくさんいます。豆まきの掛け声は一般的には「鬼は外、福は内」ですが、地域や神社によっては、鬼を祭神や神の使いと考えれており、全国の方位除けの神社では「鬼は外」ではなく「鬼も内(鬼は内)」としていることから、今回のテーブルでは神様の使いの鬼として、鬼の折形もテーブルにたくさんディスプレイしています。
DSC00257.jpg



2018年、皆様のもとに、鬼(神様の方の!)も、福もたくさんやってきますように!
DSC00305.jpg



にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
ランキングの応援クリックに、いつも感謝しています。
ありがとうございます。









.

関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright © 2018 MY Dear LIFE all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.