芍薬を愛でるモダン・シノワズリー

2017.05.09(Tue)

『◆ うるし』 Comment(0)Trackback-
今月発売の月刊フローリスト6月号。今月の丸山先生のテーブルは、モダンにアレンジしたシノワズリーがテーマ。お花のテーマ「芍薬」に合わせて、色々なところに芍薬をリピートさせています。
DSC06420.jpg


折敷は、リバーシブルスクエア折敷 ブラックシルバー×ホワイトシルバー。ちょっとくすんだ白がぐっと上質な雰囲気を作ってくれます。プレートも芍薬柄。丸山先生がずいぶん前に購入された、フィッツ&フロイドのものです。スガハラさんの丸い球のフィギアは、雨上がりの雫をイメージして。
DSC06423.jpg




お花はいつもお願いしている、giraffeの藤原新さん。今回は切りだめにぎゅっとお花をつめたデザイン。とっても素敵でした。芍薬と蘭を合わせるとぐっとシノワズリーの雰囲気になります。
DSC06378.jpg


こちらは芍薬の柄が描かれたSHAKUYAKU小吸物椀。アミューズの器に見立てて使用しています。おもてなしの時は、準備がたくさんあって大変。でも、ゲストが到着する前に先付けの一品を置いておく事が出来ると、最初のバタバタがぐーんと解消されます。これは、蓋がついているからこそ出来る事。お吸い物椀だから…と限定せずに色々なアイディアで愉しんで下さいね。ちなみにこの小吸物椀は、デザートの器にもおすすめです!
DSC06413.jpg



今回の演出力アップのポイントは、ファブリック使い。インテリアファブリックは、色使いやパターンが大胆で美しいものが多く、テーブルコーディネートに使うと、より印象的になります。全面かけると賑やか過ぎる場合や、テーブルサイズと幅が合わない場合等は、今回のように二枚重ねると良いと思います。ベースのクロスに使ったのは、オーガンジーの深いグリーンです。色だけだと重たい印象になりますが、透け感のある素材で合わせる事で、蒸し暑くなってくる時期でも、涼感を誘います。そして何と言ってもアクセントの幅広ランナー✨本誌でもしっかり写真とともにご紹介していますので、ぜひご覧下さい。
DSC06424.jpg



同じものではないのですが、月末からスタートする「丸山洋子のヒュッゲなライフスタイル 新宿伊勢丹」でも、インポートのインテリアファブリックの幅広ランナーをたくさんご用意しています!とは言え、ご用意しているもので終了のものばかりですので、ご検討の方はどうぞ会期お早めにおこし下さいませ✨テーブルの印象がガラリと変わりますので、とってもおすすめです!
DSC06403.jpg






にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
ランキングの応援クリックに、いつも感謝しています。
ありがとうございます。



〈新宿伊勢丹本館5Fにてイベント開催!〉
丸山洋子のヒュッゲなライフスタイル
2017年5月31日(水)~6月13日(火)
1st Week(5/31〜6/6) シャビーシックスタイル
2nd Week (6/7〜6/13) エトランジェシックスタイル

会場では、「人気シェフ&サロンマダムによるキッチンスタジオ」、「Dallmayr Official Tea Adviserによる実演&試飲セミナー」、「リーデルグラスセミナーとのコラボレーションセミナー」、「和と洋のテーブルコーディネートセミナー」等、楽しいセミナーが毎日開催されます。和洋食器、グラスウェア、漆器やカトラリー、デコレーション茶箱、アンティークのテーブルウェアなども販売します。
「MY Dear LIFE」は伊勢丹初出店!詳細はこちらをご覧下さい。
isetan0505midashi.jpg




関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright © 2017 MY Dear LIFE all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.