夏越大祓と水無月

2014.06.30(Mon)

『◆やきもの』 Comment-Trackback-
風そよぐ ならの小川の夕暮れは
     みそぎぞ夏の しるしなりける


百人一首に詠まれる、藤原家隆の歌です。
ここで歌われている「ならの小川」は、京都・上賀茂神社の
境内を流れる小川の事です。
(子供の頃は絶対”奈良の小川”だと思ってました!)
obj_nagoshi01.jpg
(写真は上賀茂神社HPより)

そして、今日は夏越大祓(なごしのおおはらえ)。
一年の折り返しにあたる6月30日に、1月から6月までの
半年間の罪やけがれを祓い、残りの半年間の無病息災を
祈願する大変歴史の深い神事です。

2年前の今日、この上賀茂神社で夏越大祓を見学しました。
平安の時代に生きた人々がみた景色と変わらないものを
今みているんだと思うと、ゾクゾクしました。
DSC00169.jpg


当日は午前10時に、神職の方々が立砂前に設けた茅輪(ちのわ)と呼ばれる茅草で作られた輪のくぐり初めをして、橋殿の上にてお祓いの行事を行います。本殿での儀式の後は、参拝者が茅の輪をくぐります。
DSC00170.jpg


夜20:00になると、神職の方々が橋殿へいらっしゃり、
橋殿の殿上で”中臣大祓”という、穢れを祓うために唱えられる祝詞を
歌のように読み上げながらながら、参拝者が預けた人形(ひとかた)を
ならの小川に流していきます。
DSC00194.jpg


人形(ひとかた)というのは、人の形をした紙で出来たもので、
罪・穢をうつすものと古来から考えられてきました。
この人形に氏名・年齢を書き体を撫で、息を吹きかけます。
小川を流れてくる人形。
ここにはうつっていませんが、上賀茂神社では”車形”もありました。
DSC00201.jpg


そして、今日この日に頂く和菓子があります。
今日召し上がられた方も多いと思いますが、「水無月」。
上に散らされる小豆は、赤い色が邪気を祓うと
信じられたためと言われていて、これを食べると
夏を元気に過ごせるという言い伝えがあり、
庶民の間でも広がったそうです。
P1011084.jpg


氷を表している、透明感のあるこの水無月は、
プラチナカラーの有田焼によく映えます。
新しくなったMY Dear LIFEのオンラインショップでは、
去年期間限定販売させて頂いたこの「菊型小皿」が、定番入りしました。写真のプラチナのほか、黄交趾・緑交趾があります。
どの色もスタイリング次第で和にも洋にもよく合い、
販売期間が終了した後もお問い合わせが絶えませんでした。
P1012.jpg


明日からまた新しい半年のはじまり。
新しいオンラインショップが、皆様に愛されます事を願いつつ…
http://www.mydear-life.com

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
Thank you so much for your warm "click"!


関連記事

Copyright © 2017 MY Dear LIFE all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.