和の生活文化セミナー&しつらえレッスンin TOKYO

2013.09.20(Fri)

『◆ お知らせ』 Comment-Trackback-
昨日の満月、美しかったですね。
昨夜だけでなく、古来からこの時期にはたくさんの人が
夜空を見上げていると思うと、月の秋のこの時期は、
本当に素敵だなと思います。

十五夜は終わりましたが、月の美しいシーズンはまだまだ続きますし、
まだ「後の月(のちのつき)」「豆名月」「栗名月」とも
言われる十三夜も、10月17日にあります。
DSC04990.jpg
十五夜は中国から伝わった風習ですが、十三夜は日本固有のもので
秋の収穫祭のひとつとして、現代まで根付いています。
また、十五夜にお月見をしたら、必ず同じ場所で十三夜もお月見を
するものとされ、どちらかだけを見るのは「片見月」といって
忌まれていたそうです。


さて、前置きが長くなってしまいましたがそんな十三夜を迎える前に
お月見の文化を学び、しつらえ飾りの実践をしてみませんか。
「お月見」「お正月」「ひな祭り」とシリーズ3回に分けて行います。
もちろん1回ごとのご参加も可能です。

和の生活文化セミナー&しつらえ
講師:食空間プロデューサー 丸山洋子
受講料:¥13,000/1回(教材費・お持ち帰りしつらえ商品込)
会場:飯田橋レインボービル2F
詳細情報:http://www.tablecreation.ne.jp/

第一回:月の秋と虫の声
10月3日(木)13:30〜16:00
P927287.jpg

第二回:年初月の新年
12月12日(木)13:30〜16:00
DSC0285.jpg

第三回:夢見月のひいな
2月13日(木)13:30〜16:00
DS09982.jpg
(写真はすべて過去のテーブル画像です)

いずれのレッスンも、それぞれのテーマに合わせた概論セミナーや
色彩の実習、折形講師亀井安子先生によるレッスン、
実際にお持ち帰り頂くしつらえ飾りを使った
しつらえ飾りの実践講習など、とても充実した内容です。

第一回のレッスンの実践に使用し、お持ち帰り頂ける
しつらえ商品はこちら。「歳時記小物入れ 菊」
DS04394.jpg

秋のお花の代表であるこの菊のしつらえ飾り。
学んだことを、そのままお家で再現して頂くだけで、
季節を愛でる生活が始まります。
より詳しい情報やお申込はこちらからご覧下さい。

ひとりでも多くの方が、日本人の本来持つ季節に繊細な
美意識を、日常生活に取り入れて頂けるお手伝いができますように。
みなさまのご参加をお待ちしております。

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
Thank you so much for your warm "click"!

***** NEW ITEM *****
秋のしつらえアイテム
DSC16.jpg

月の豆皿&栗形ふたもの
204525b7c.jpg
関連記事

Copyright © 2017 MY Dear LIFE all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.